モータースポーツ、その他


by toshi-qoo
カレンダー

<   2004年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

トゥルーリ、さすが!

トゥルーリさんが「クルマのリアにおいて特にタイヤの消耗が激しいことに気づいたけど、これはシーズンを通してずっとクルマが抱えていた問題みたいだね。残念ながら、一晩で解決できる問題ではないよ。もっとダウンフォースをクルマに与えるため、風洞でやるべき仕事はたくさんある。それができたときには、クルマはスライドしなくなり、ラバーの消耗も減り、タイヤの温度を低く保つことができるようになる。そして、もっとトラクションが得られるだろうね」「冬の間、ボクらは2005年の準備としてできる限りのテストを行なう。正直なところ、まだテストで何をやるのかは知らないけど、とても忙しくなるのは間違いないね!最初のテストは11月の最後にバルセロナで行なう予定になっていて、たぶんラルフ・シューマッハと一緒になるだろうね」と言ってます。
要するに、他チームとの差を埋めるには、死ぬ気で頑張らないとダメだという事ですね。フェラーリの現在は、裏での並みならぬ努力がありますからね。
よっぽどいいマシンを作って、よっぽど頑張らないと、優勝経験ドライバー2人がドライバーでもポディウムは無理ですからね。
ガスコインがかなり関わるとは言え、結局デザイナーはグスタフ・ブルナー。
TF102からTF104まで彼のデザインして来たマシンの共通点はダウンフォースが少ない事ですからね。根本的には、ルノーのマーク・スミスとかが来ないと解決しないんだろうね。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-31 23:58 | F1について
皆様のお陰でございます。
ようやく1万Hitを達成できました。
本当にありがとうございます。<(_ _)>
これからも、よろしくお願いします。
今週から、ちょっと生活のリズムが変わってしまって、”毎日更新”がキツクなりましたけど、出来る限り更新したいですし、ネタがない時でも頑張ります。
ネコの画像を貼ったりするだけですけど。
これからも、身の丈にあった内容で頑張ります。
本日は本当にありがとうございました。
a0011471_2356176.jpg

[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-29 23:56 | その他
「トヨタはより多くのダウンフォースを得るまでは、上位には食い込めないだろう。ボクはリアタイヤの消耗が激しいことに気づいた。たいていこの場合は、十分なグリップが出ていない。」ってゆーじゃな~い。
ダウンフォースがありませんから残念!!
トゥルーリのトヨタ斬り!!!
ちなみに、トゥルーリとラルフは11月24日にバルセロナでのテストを開始するんだそーな。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-29 00:28 | F1について

Jordan TOYOTA?

様々なサイトで、この記事が出てますね。
どうやら、合意に近いようですね。
ジョーダン広報のイアン・フィリップスは、「ようやく状況が楽観的になってきた。来年3月メルボルンでのオーストラリアGPのグリッドに我々の姿があることは99%確実となった」とエンジン契約が順調に進んでいることを認めたんだとさ。
トヨタ製エンジンはジョーダンがこれまで使用してきたフォード・コスワースよりだいぶ安い、1000万ドル程度(約10億6000万円)になるっぽいです。
それと引き換えにブリスコーかゾンタを乗せろ!という取引もあったようです。
可能性は高いんでしょうね。
ジョーダンは今はどーのこーの言ってる場合ではないので、パワーのあるエンジンがあれば、再びポディウムも狙えるかも・・・。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-29 00:21 | F1について

にゃにゃにゃにゃぁ~い

可能性が低いウワサとして名前が上がっていたハッキネン。
記事によると、パトリック・ヘッドはジャックよりもブランクはあるが、2度もシューミを破った実力に高い評価をしてるそうです。
でも、ジャックでさえ、レースカーに1年乗らなかっただけで、首の筋肉が弱ったりなど、フィジカル面での衰えがあった。ハッキネンはもっと長いからねぇ。
しかも、イリア夫人が許すかねぇ。ヒューゴ君も寂しがるよ。
でも見て見たいなぁ。
現在はDTMでの参戦の可能性の方が濃厚らしいです。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-29 00:13 | F1について

また、ティルケ氏

2006年から復帰が公表されたメキシコGPですが、カンクーンに 建設されるサーキットはやはりヘルマン・ティルケ氏(ドイツ)設計であるらしいです。7000万ドルもの資金を投じてサーキットが建設されるんだそうです。
ティルケ氏によると「非常に高速コーナーとしてコースはデザインされており、平均速度は220km、トップスピードは300kmに達するだろうとしている。」だって。
2005年に初開催のトルコGPのイスタンブールもティルケ氏が手掛けたサーキットなので、ティルケデザインのサーキットだらけですね。やっぱり、同じデザイン事務所に頼むのは全体的に似通ったコースになってしまう事がデメリットだそうです。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-27 02:29 | F1について

遂に!!

a0011471_1512312.jpg

地元に雪が降ってきてしまいました。っていうか積もってしもた。
まだ根雪になるのは先だけど、イヤですねぇ(;´Д`)
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-27 01:51

蚊帳の外

フェラーリさんが仲間はずれだったようですね。
” フェラーリの9チームのライバルは、土曜日に行なったチーム代表のミーティングにフェラーリチームを招待しなかった。ガゼッタ紙は、ピットレーンのライバルたちはフェラーリに恥をかかせるべく、このような侮辱的行動を採ったと書き立てている。
フェラーリを除くすべてのチームは昨日のミーティングで、コストを減らすためのテスト削減案にサインしている。ガゼッタ紙によると、フェラーリのジャン・トッドがこのコスト削減案にサインするように言われたのは、すでにそのニュースがメディアに知れ渡った後だったという。
 しかし、ブリヂストンとの独占的なコラボレーションによるアドヴァンテージを失いかねないテスト削減案に対して、フェラーリは激しく反対するものと見られている。”

頑張るのもいいですが、もうちょっと歩調を合わせてみてもいいのではないかと思いますよ。フェラーリさん。

で、トヨタの冨田務代表がF1にアドバイザリー・リポート制導入の提言を考えている。自動車業界では二酸化炭素の排出削減が叫ばれているが、数多くのファンを楽しませるショービジネスであるF1はそうした現実になかなか目を向けない傾向にあり、将来的なビジョンに乏しいことも確か。そこで地球環境学者、一般の企業経営者など有識者に監視してもらおう、との考えを示したそうです。
 ▽冨田務トヨタ代表
 トヨタは勝っていないので強い発言権はないが、(F1の)今のやり方には歯がゆいものがある。個人的な意見として現在のF1は来年、再来年のことばかりで10年先の話というものが一切出ない。もっと高い見地で作り直す必要がある。F1は知恵袋を必要としている。地球環境に詳しい学者や企業経営者ら外部の有識者に新しい意見を求めるべきだ。これから機会があればFIA(国際自動車連盟)と話をしていきたい。(日本の)プロ野球もそうだが、考え方が保守的。ここ20年で世界のコマーシャル・ビジネスは変わっている。プロ野球に新しいオーナーが出てくるのは当たり前のこと。もし我々がいなかったら、今のF1は18台しかいないということだ。

フェラーリをマネして、自分たちに有利な状況へ持っていこうとしているんですね。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-25 00:14 | F1について

やはり!

”15mm以上の激しい雨がこの地域に降ると予測されている。また、降水確率は80%となっている。問題は嵐が実際にインテルラゴスを直撃するか、また、単にGPに影響を及ぼすことなしに接近するのみとなるかである。

 しかしながら、嵐が直撃することになれば、雨がレースのスタート時間前後で約2時間は降ると予測されている。”
別に事故を期待してる訳ではないですが、これは大波乱がありそうですね。
あと、オーバーテイク仕様にしたと言われているシューミですが、雨になった場合は非常にリスクがありますよね。変えられるとしてもFウィングだけですからね。
決勝、どうなるんでしょうかね。
ルビーニョのポールトゥーウィンか!それとも他のドライバーか。

インテルラゴスのマダラな舗装ですが、ちょっと危険ですよね。
バンピーな上、ニューみたいな。トゥルって滑っちゃうかも。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-25 00:05 | F1について

多分・・・

放送が終わるのが4時頃・・・多分ですが、結果を書いたりするのは無理と思われます。明日に色々書きます。時差めぇ~。
[PR]
by toshi-qoo | 2004-10-24 23:58 | その他